1. TOP > 
  2. WATCH > 
  3. JAQUET DROZ

ジャケ・ドロー

1738年にピエール-ジャケ・ドローがスイス、ラ・ショー・ド・フォンに時計工房を開業したのが始まり。彼を世界的に有名にしたのは、宮廷貴族へ納めたエナメルを使用した装飾性の高い時計の製作と、オートマタ(機械式からくり)でした。時計の分野でも既成概念にとらわれずに「シンギングバード」、「噴水」、「ミュージックウォッチ」などの作品を製作。その<仕掛け>の技術は圧倒的なオリジナリティを誇り、オートマタはフランス・パリで国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットをはじめとしたヨーロッパ中の宮廷で称賛を受けました。創業からおよそ3世紀に渡りブランドの真髄が受け継がれています。現代のジャケ・ドローの時計は、高温焼成のエナメルを施した美しい文字盤や手作業でブルーイングされたブルースチール針など、一見クラシカルではあるが、オフセンターのダイヤルやエナメルの深みに、絶妙なモダニズムと現代的なエッセンスが秘められています。

ジャケ・ドロー(JAQUET DROZ) OFFICIAL SITE >>